メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

/33 林幸治郎の世界/上 新潮流生んだ「学士」 /東京

 「トザイ、トーザイ。安うておもろい風鳥亭……」。拍子木を打って寄席の宣伝口上を切る「風鳥亭」席主の北村藤吉(松坂桃李)。青年実業家の伊能栞(高橋一生)がのぼりを掲げる。

 放映中のNHK朝の連続テレビ小説「わろてんか」第45話で明治末期、大阪で「東西屋」と呼ばれていたチンドン屋が登場した。ドラマの中で松坂らとともに練り歩いたのは、大太鼓、クラリネット、三味線の三人衆。「ちんどん通信社」(大阪市)の面々だ。

 ちんどん通信社は、富山市で毎年開催されている「全日本チンドンコンクール」で最多優勝(14回)を誇り…

この記事は有料記事です。

残り1470文字(全文1724文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. HARA 自殺未遂後初のTV出演 KARA時代のヒット曲披露(スポニチ)
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです