メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャ難民

環境劣悪 「1日1食」9割/感染症、暴力まん延/テントに土砂流入 日赤医師が報告 /東京

バングラデシュでのロヒンギャ難民の状況を説明する中司峰生医師=武蔵野市境南町1の武蔵野赤十字病院で

 ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」ら約60万人が隣国のバングラデシュへ避難し、難民化している問題で、現地で医療活動にあたった武蔵野赤十字病院(武蔵野市境南町1)の中司(なかつか)峰生医師(42)が約1カ月半の任期を終えて帰国し、17日夜に同病院で報告会を開いた。【福沢光一】

 ミャンマーは昨年8月、西部ラカイン州に住むロヒンギャ武装組織とミャンマー治安部隊との戦闘が激化し、約60万人のロヒンギャ難民がバングラデシュへ逃れている。現在も週1000人ずつ増えているという。

 内科医の中司さんは日本赤十字社(港区)の救援医療チーム約30人の一員として、昨年11月24日から1…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文779文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 特集ワイド 「右」「保守」にも「安倍政権NO」
  5. Hey!Say!JUMP 岡本さん活動休止、米留学へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]