メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャ難民

環境劣悪 「1日1食」9割/感染症、暴力まん延/テントに土砂流入 日赤医師が報告 /東京

バングラデシュでのロヒンギャ難民の状況を説明する中司峰生医師=武蔵野市境南町1の武蔵野赤十字病院で

 ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」ら約60万人が隣国のバングラデシュへ避難し、難民化している問題で、現地で医療活動にあたった武蔵野赤十字病院(武蔵野市境南町1)の中司(なかつか)峰生医師(42)が約1カ月半の任期を終えて帰国し、17日夜に同病院で報告会を開いた。【福沢光一】

 ミャンマーは昨年8月、西部ラカイン州に住むロヒンギャ武装組織とミャンマー治安部隊との戦闘が激化し、約60万人のロヒンギャ難民がバングラデシュへ逃れている。現在も週1000人ずつ増えているという。

 内科医の中司さんは日本赤十字社(港区)の救援医療チーム約30人の一員として、昨年11月24日から1…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文779文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. ORICON NEWS 女優・矢作穂香、夜の新宿で魅せた美しさ 体全体で思いを表現
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」
  5. 大相撲 「少し自分にご褒美をあげたい」白鵬、笑顔で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです