メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

未来へ託すロマン /静岡

 保存するか、壊すかで揺れた高尾山古墳。沼津市が橋とトンネルで古墳を迂回(うかい)する新たな道路案を発表した。そこで日本考古学協会の見解を聞くことにした。

 3年前、市は道路を優先させ、古墳は取り壊す予定だった。古墳は市民運動で保存が決まったが、発端は日本考古学協会による保存を求める会長声明だった。だから協会の見解が必要と考えたのだ。そのうえ、新たな道路案は「景観を阻害することにより史跡の本質的価値が伝わりにくい」と、有識者協議会が約2年前に低い評価を下した道路案を元にしている。

 見解を尋ねた相手は考古学協会の篠原和大理事(静岡大教授)。篠原教授は「個人の意見」と断ったうえで、…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです