アイヌ工芸品展

着物はじめ170点 松阪で21日まで /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
工芸作品の前でアイヌ文化をアピールする(右から)竹内さん、結城さん、内山さん
工芸作品の前でアイヌ文化をアピールする(右から)竹内さん、結城さん、内山さん

 松阪市出身で北海道の名付け親で知られる探検家、松浦武四郎(1818~88年)の生誕200年記念事業の一環の「アイヌ工芸作品展」が18日、松阪市外五曲町の同市文化財センターで始まった。

 武四郎は江戸時代末期、アイヌ民族の悲惨な状況を克明に記録し、交流を深めた。作品を展示したのは北海道アイヌ協会員で、…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文351文字)

あわせて読みたい

注目の特集