メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

今度は私が元気届ける 芦屋出身・時田さん、この春ダンサーに 兄を亡くした95年生まれ /兵庫

大学卒業後、ダンサーの道に進む時田美潮さん=東京都世田谷区で、田辺佑介撮影

母への感謝胸に

 日本女子体育大学(東京都)の4年生、時田美潮(みしお)さん(22)が4月、ダンサーの夢に向けて踏み出すことになった。阪神大震災で一番上の兄を亡くしたその年の生まれ。悲しみを抱えながら寄り添い、ダンスに打ち込ませてくれた母郁江さん(56)への感謝を胸に誓う。「今度は私のダンスで誰かに元気を届けたい」【田辺佑介】

 美潮さんの兄涼介さんは5歳の時、震災で芦屋市の家が全壊して下敷きになった。約9カ月後に生まれた美潮…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文931文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです