メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「母~小林多喜二の母の物語」 愛する息子を信じ続け 「戦争 知らない世代も見て」 /兵庫

小林多喜二の母セキについて語り合う山田火砂子監督(左)と女優の河東けいさん=兵庫県尼崎市南塚口町のピッコロシアターで、元田禎撮影

 プロレタリア作家・小林多喜二(1903~33年)の母セキの生涯を描いた映画「母~小林多喜二の母の物語」が今月11日、尼崎市のピッコロシアターで上映された。反戦を訴え続け特高警察によって虐殺された多喜二。セキは息子を最後まで信じ続け、遺骸にとりすがって嘆き悲しむ。映画に込めた山田火砂子(ひさこ)監督(85)の思いを聞きたくて、別の舞台でセキのひとり語りを演じている関西芸術座の女優、河東(かとう)けいさん(92)と共に会場を訪れた。【元田禎】

 映画、舞台ともに、原作は作家・三浦綾子の小説「母」。秋田県内の貧しい家に生まれたセキは15歳で嫁ぎ…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 重度の肺炎、武漢で日本人が入院 「新型」か不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです