メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外貴乃花親方 相撲協会に退職届
映画

「母~小林多喜二の母の物語」 愛する息子を信じ続け 「戦争 知らない世代も見て」 /兵庫

小林多喜二の母セキについて語り合う山田火砂子監督(左)と女優の河東けいさん=兵庫県尼崎市南塚口町のピッコロシアターで、元田禎撮影

 プロレタリア作家・小林多喜二(1903~33年)の母セキの生涯を描いた映画「母~小林多喜二の母の物語」が今月11日、尼崎市のピッコロシアターで上映された。反戦を訴え続け特高警察によって虐殺された多喜二。セキは息子を最後まで信じ続け、遺骸にとりすがって嘆き悲しむ。映画に込めた山田火砂子(ひさこ)監督(85)の思いを聞きたくて、別の舞台でセキのひとり語りを演じている関西芸術座の女優、河東(かとう)けいさん(92)と共に会場を訪れた。【元田禎】

 映画、舞台ともに、原作は作家・三浦綾子の小説「母」。秋田県内の貧しい家に生まれたセキは15歳で嫁ぎ…

この記事は有料記事です。

残り766文字(全文1038文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 塀倒壊で女児死亡 高槻市が和解金支払いへ
  2. リカちゃん人形 賢明女子学院中・高制服で登場 購入予約700体 姫路 /兵庫
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. 皇室 皇太子ご夫妻が福岡入り 昨年の豪雨被災地にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです