メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「母~小林多喜二の母の物語」 愛する息子を信じ続け 「戦争 知らない世代も見て」 /兵庫

小林多喜二の母セキについて語り合う山田火砂子監督(左)と女優の河東けいさん=兵庫県尼崎市南塚口町のピッコロシアターで、元田禎撮影

 プロレタリア作家・小林多喜二(1903~33年)の母セキの生涯を描いた映画「母~小林多喜二の母の物語」が今月11日、尼崎市のピッコロシアターで上映された。反戦を訴え続け特高警察によって虐殺された多喜二。セキは息子を最後まで信じ続け、遺骸にとりすがって嘆き悲しむ。映画に込めた山田火砂子(ひさこ)監督(85)の思いを聞きたくて、別の舞台でセキのひとり語りを演じている関西芸術座の女優、河東(かとう)けいさん(92)と共に会場を訪れた。【元田禎】

 映画、舞台ともに、原作は作家・三浦綾子の小説「母」。秋田県内の貧しい家に生まれたセキは15歳で嫁ぎ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  3. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  4. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです