メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県文化財

初の楽器 桜井・談山神社の笙 新たに7件指定 /奈良

(左)談山神社に伝わる行円作の笙 (右)頼尊作の笙=ともに奈良県教委提供

 県教委は、桜井市の談山神社に伝わる雅楽の管楽器「笙(しょう)」(2管)など7件を新たに県指定文化財にすることを決めた。楽器の指定は初めてという。県指定文化財は計552件となる。

 2管の笙は、それぞれ信貴山の僧だった行円と頼尊の名が記され、いずれも鎌倉時代の作。長短17本の竹管を吹き口のある「匏(ほう)」に差し込み、吹き口から息を吸ったり吐いたりすると音が出る。行円の笙には江戸時代の添え状があり、装飾の帯金具が二つ付く「…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  5. 大阪震度6弱 電車脱線、シマウマ脱走…デマ拡散 注意を

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]