メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県文化財

初の楽器 桜井・談山神社の笙 新たに7件指定 /奈良

(左)談山神社に伝わる行円作の笙 (右)頼尊作の笙=ともに奈良県教委提供

 県教委は、桜井市の談山神社に伝わる雅楽の管楽器「笙(しょう)」(2管)など7件を新たに県指定文化財にすることを決めた。楽器の指定は初めてという。県指定文化財は計552件となる。

 2管の笙は、それぞれ信貴山の僧だった行円と頼尊の名が記され、いずれも鎌倉時代の作。長短17本の竹管を吹き口のある「匏(ほう)」に差し込み、吹き口から息を吸ったり吐いたりすると音が出る。行円の笙には江戸時代の添え状があり、装飾の帯金具が二つ付く「…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. くらしナビ・学ぶ @大学 「中根」の目・データが語る 女子の医学部合格者比率が高い1位 島根大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです