メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

県内で猛威 「手洗い、マスク着用を」 /宮崎

 県は18日、県内のインフルエンザの最新の発生動向を発表した。8~14日の定点あたりのインフルエンザ患者報告数は52・8人で、全国で最も多かった前週(1~7日)から約1・5倍増えた。警報レベル地域も全域に拡大しており、県は予防対策の徹底を呼び掛けている。

 県によると、保健所別で多いのは延岡91・9人▽都城61・9人▽小林61・6人--…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  3. 行政ファイル 横浜・炊飯器からネズミ見つかり給食の米飯提供中止 /神奈川

  4. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです