メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進党

立憲と先行協議へ 衆参で統一会派目指す

 衆院の民進党系会派「無所属の会」の岡田克也代表(党常任顧問)は18日、毎日新聞のインタビューで、衆参両院で立憲民主党との統一会派結成を目指すべきだとの考えを示した。民進党の大塚耕平代表も立憲と2党での先行協議を容認した。立憲は正式に申し入れがあれば協議には応じる構えで、今度は民進と立憲の話し合いが始まりそうだ。

 岡田氏はインタビューで「現実的な交渉相手は立憲だ。衆参(両院)でやる道も模索すべきだ」と語った。結成時期は「拙速にならない方がいい」と述べ、時間をかけて協議すべきだとの認識を示した。大塚氏は18日の記者会見で「引き続き(希望の党を含む)3党統一会派を目指す努力は変わらない」としつつ、「立憲と2党先行もありうる」と語った。

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 広報動画は賛成誘導 担当局の課長発言

  2. 被害者に落ち度はない 性暴力撲滅のための教育を

  3. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  4. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  5. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです