メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

就任1年 301条発動も示唆 知財巡り中国けん制

 【デトロイト清水憲司】トランプ米大統領は20日の就任1周年を控え中国に対し通商問題をめぐる巨額の「罰金」を科すと語った。貿易赤字削減を目指しながらも、これまで成果が上がっておらず、最大の赤字相手国である中国への強硬姿勢を再び打ち出した形だ。

 トランプ氏は17日のロイター通信のインタビューで「非常に巨額の罰金になる」と述べた。具体的な内容は明かさなかったが、中国による知的財産権侵害や米企業への技術供与の強要を問題視し、昨年8月に米通商法301条に基づく調査に着手している。制裁措置として中国製品への高関税導入などを…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文648文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです