メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

就任1年 301条発動も示唆 知財巡り中国けん制

 【デトロイト清水憲司】トランプ米大統領は20日の就任1周年を控え中国に対し通商問題をめぐる巨額の「罰金」を科すと語った。貿易赤字削減を目指しながらも、これまで成果が上がっておらず、最大の赤字相手国である中国への強硬姿勢を再び打ち出した形だ。

 トランプ氏は17日のロイター通信のインタビューで「非常に巨額の罰金になる」と述べた。具体的な内容は明かさなかったが、中国による知的財産権侵害や米企業への技術供与の強要を問題視し、昨年8月に米通商法301条に基づく調査に着手している。制裁措置として中国製品への高関税導入などを…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 神戸バス暴走 「一緒に仕事していた仲間」「お姉ちゃん先生」 犠牲の若者2人を悼む声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです