メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

エコノミー症候群を遠隔診断

エコノミークラス症候群の遠隔診断に用いるポータブルのエコーと伝送システム。現場で使う左側の端末と、医師が見る右側のパソコンに、同じ動画が映し出される=大阪府吹田市の国立循環器病研究センターで2017年10月、池田知広撮影

 下半身にできた血の塊が肺の血管に移動して詰まる「エコノミークラス症候群」。死に至ることもあり、災害時の避難生活に伴う発症が社会問題化しているが、被災から間もない現場では、必要な診断のできる専門医が足りない。そこで国立循環器病研究センター(国循、大阪府吹田市)などは、最新の医療機器と動画伝送システムを使った「遠隔診断」の実証実験に乗り出した。

 2016年4月の熊本地震では、エコノミークラス症候群で少なくとも54人が入院を必要とする状態まで症…

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1157文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです