連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

更年期、上手に付き合おう

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
女性のエストロゲン分泌の変化と発症しやすい疾患
女性のエストロゲン分泌の変化と発症しやすい疾患

 顔がほてる、気分が落ち込む、体が重いなど、さまざまな症状が起きる女性の更年期。女性ホルモンが急に減る40代後半から体調不良を訴える人は多く、女性の社会進出が進む中、企業や組織は対策が欠かせない。そもそもなぜ起こるの? 周りはどんな配慮をすればいいの? 覚えておきたい更年期症状のイロハをまとめた。

 女性のライフサイクルは、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)と深く関わっている。女性ホルモンの分泌量は初潮を迎える思春期に増え始め、妊娠・出産が可能な性成熟期でピークに達する=図表。その後、卵巣機能が低下しホルモン分泌が大きく減るのが更年期だ。一般的に閉経を迎える前後の10年間(40代後半~50代前半)を指す。

この記事は有料記事です。

残り2184文字(全文2495文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集