メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

稀勢、3日連続金星配給

嘉風に押し倒しで敗れた稀勢の里両国国技館で2018年1月18日、渡部直樹撮影

 鶴竜は千代大龍を問題にせず5連勝。玉鷲との関脇対決を制した御嶽海、豪栄道に土をつけた栃ノ心と朝乃山も初日からの連勝を5に伸ばした。

 稀勢の里は嘉風に押し倒され、先場所に続く3日連続の金星配給で4敗目。2場所続けて3日連続で金星を配給するのは戦後初。

 =十両勝負=

水戸 あびせたおし 翔鵬

天空 はたきこみ  栃飛

この記事は有料記事です。

残り2070文字(全文2226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 現場を見ても想像できない廃炉終了 福島第1原発はいったいどうなっているのか

  4. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです