メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲初場所

稀勢、3日連続金星配給

嘉風に押し倒しで敗れた稀勢の里両国国技館で2018年1月18日、渡部直樹撮影

5日目(18日・両国国技館)

 鶴竜は千代大龍を問題にせず5連勝。玉鷲との関脇対決を制した御嶽海、豪栄道に土をつけた栃ノ心と朝乃山も初日からの連勝を5に伸ばした。

 稀勢の里は嘉風に押し倒され、先場所に続く3日連続の金星配給で4敗目。2場所続けて3日連続で金星を配給するのは戦後初。

 =十両勝負=

水戸 あびせたおし 翔鵬

この記事は有料記事です。

残り2068文字(全文2226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです