メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西国際空港

管制許可なく日航機が着陸 機長、確認忘れ

 関西国際空港で昨年7月、日本航空の旅客機が管制官の着陸許可を受けないまま着陸していたことが19日、分かった。当時、滑走路に他の航空機などはなく、乗客ら約130人にけがはなかった。

 同社や国土交通省によると、旅客機は台北発関西空港行きボーイング737-800型。昨年7月8日午後0時半ごろ、機長と副操縦士が滑走路への進入許可を受けた…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. 北九州市、再び分散登校へ 市立小中5校で12人の児童生徒感染

  4. 巨人の複数選手、新型コロナ感染が判明 2選手か 練習試合中止

  5. 漫画「鬼滅の刃」が完結

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです