メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岡山電気軌道

チャギントンのキャラを実車化 年内運行

岡山電気軌道が導入を計画している観光車両「ウィルソン/ブルースター号」=両備グループ提供
岡山電気軌道が導入を計画している観光車両「ウィルソン/ブルースター号」=両備グループ提供

 岡山電気軌道(岡山市中区)は、同市中心部を走らせている路面電車に、英国の人気鉄道アニメ「チャギントン」のキャラクターを模した観光車両を製造すると発表した。年内にも運行を始める計画だ。

     アニメは、チャギントンという街を舞台に、擬人化された列車たちの日常を描いた物語。日本を含む世界で放映され、チビっ子たちを中心に人気を博している。

     今回実車化するキャラクターは2両で、赤色の「ウィルソン」と青色の「ブルースター」。超低床路面電車を輸入・改造し、アニメを再現する予定だ。運行時は2両1編成とし、連結して走る。定員は計34人。

     列車の外装と内装のデザインを担当するのは、岡山市出身の工業デザイナーで豪華寝台列車「ななつ星in九州」のデザインを手掛けた水戸岡鋭治さん。アニメに列車内部は出てこないが、「子どもたちが楽しい時間を過ごせる」をコンセプトにした。車内にげた箱を用意し、靴を脱いで乗車できるようにする。壁や床下にモニターを設け、アニメも見ることができる。

     当面は全席予約制で、3月下旬から予約が始まる予定だ。料金は未定で、1日5~6回の運行を検討している。小嶋光信社長は「子どもたちの夢を膨らませるようなものをつくりたいと考えた。世界の子どもたちが憧れ、乗りに来てくれるようになれば」と話した。【益川量平】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
    2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
    3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
    4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
    5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです