メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

朝日阪神支局襲撃事件で重傷、犬飼兵衛さんが死去

犬飼兵衛さん

 朝日新聞阪神支局襲撃事件(1987年5月3日)で重傷を負った元朝日新聞記者の犬飼兵衛(いぬかい・ひょうえ)さんが16日、急性心臓死の疑いで香川県内の病院で死去した。73歳だった。葬儀は近親者で営んだ。

 憲法記念日の87年5月3日夜、兵庫県西宮市の阪神支局2階編集室に目出し帽をかぶった男が侵入、犬飼さん、小尻知博記者(当時29歳)に散弾銃を発砲。小尻記者は死亡、犬飼さんは右手の小指と薬指を失い、腹部に重傷を負ったが、胸のポケットにあったステンレス製のペンが散弾を防ぎ、一命を取り留めていた。事件後、報道機関に「赤報隊」を名乗る差出人から犯行声明文が届いたが、未解決のまま2002年に公訴時効が成立。03年、警察庁指定116号「朝日新聞襲撃」事件は関…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文817文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ・山本代表「次期衆院選では100人規模で擁立」
  2. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  3. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  4. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  5. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです