メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信越線立ち往生

JR東、バス提供を断る「全員乗れない」

積雪で駅間に停車したJR信越線の車両で運転の再開を待つ乗客ら=新潟県三条市で2018年1月12日午前6時45分、西本勝撮影

 新潟県三条市のJR信越線で乗客約430人乗りの電車が積雪のため約15時間半にわたって立ち往生した問題で、JR東日本新潟支社は19日、「マイクロバスの用意ができる」との三条市からの申し出を、全員は乗せられないとして断っていたことを明らかにした。同支社は今後、全員の同時救助にこだわらず、手配できるタクシーなどを活用して救助できる人から助けるなどとした再発防止策を発表した。

 同支社によると、三条市からの提案は12日午前2時半ごろ、県危機管理課を通じてあった。同支社は現場に通じる道が狭かったことを理由にバスによる代替輸送も断念しており、新潟市内で記者会見した今井政人支社長は「乗客全員の救済にこだわっていた。判断は誤りだった」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 講演で「トイレ汚い」きっかけ 大間々駅前のトイレ清掃 23年間休まず1200回

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 中国地方で大雨被害 島根・江の川が氾濫 広島では土砂崩れ、親子2人不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです