メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信越線立ち往生

JR東、バス提供を断る「全員乗れない」

積雪で駅間に停車したJR信越線の車両で運転の再開を待つ乗客ら=新潟県三条市で2018年1月12日午前6時45分、西本勝撮影

 新潟県三条市のJR信越線で乗客約430人乗りの電車が積雪のため約15時間半にわたって立ち往生した問題で、JR東日本新潟支社は19日、「マイクロバスの用意ができる」との三条市からの申し出を、全員は乗せられないとして断っていたことを明らかにした。同支社は今後、全員の同時救助にこだわらず、手配できるタクシーなどを活用して救助できる人から助けるなどとした再発防止策を発表した。

 同支社によると、三条市からの提案は12日午前2時半ごろ、県危機管理課を通じてあった。同支社は現場に…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです