メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊藤忠

社長COOに鈴木善久氏 岡藤正広氏は会長CEO

記者会見で握手を交わす伊藤忠商事の鈴木善久新社長(左)と岡藤正広社長=東京都港区で2018年1月18日午後3時43分、長谷川直亮撮影

 伊藤忠商事は18日、鈴木善久専務執行役員(62)が4月1日付で社長COO(最高執行責任者)に昇格する人事を発表した。岡藤正広社長(68)は代表権のある会長CEO(最高経営責任者)に就き、引き続きグループ全体の経営戦略を担う。現在は情報・金融事業を率いる鈴木氏はCOOとして、収益事業の拡大などに取り組む。小林栄三会長は特別理事に退く。【今村茜】

 「従来のビジネスモデルでは、商社(の経営)は3~5年したら行き詰まる」。岡藤社長は18日の社長交代発表の記者会見で危機感を示した。人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)などの技術革新がメーカーだけでなく、商社のビジネス環境も激変させると見るためだ。

この記事は有料記事です。

残り1317文字(全文1620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  2. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  3. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  4. 「ミヤネ屋 うがい薬推奨の生中継は不適切」 市民団体がBPOに審議申立書

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです