メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ大統領

301条発動も示唆 知財巡り中国けん制

 【デトロイト清水憲司】トランプ米大統領は20日の就任1周年を控え、中国に対し通商問題をめぐる巨額の「罰金」を科すと語った。貿易赤字削減を目指しながらも、これまで成果が上がっておらず、最大の赤字相手国である中国への強硬姿勢を再び打ち出した形だ。

 トランプ氏は17日のロイター通信のインタビューで「非常に巨額の罰金になる」と述べた。具体的な内容は明かさなかったが、中国による知的財産権侵害や米企業への技術供与の強要を問題視し、昨年8月に米通商法301条に基づく調査に着手している。制裁措置として中国製品への高関税導入などを検討しているとみられる。米通商代表部(USTR)が近く調査結果を報告するという。

 301条は不公正な貿易があると判断すれば、大統領権限で一方的に制裁措置が取れると定めている。日米貿…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文1030文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 児童買春容疑 元中学講師を逮捕 愛知県警
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]