「空のF1」エアレース

総合連覇へ意欲 室屋選手が会見

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
2018年シーズンの開幕を控え、記者会見で笑顔を見せるエアレースパイロットの室屋義秀さん=東京都渋谷区渋谷1で2018年1月18日、曽根田和久撮影
2018年シーズンの開幕を控え、記者会見で笑顔を見せるエアレースパイロットの室屋義秀さん=東京都渋谷区渋谷1で2018年1月18日、曽根田和久撮影

 「空のF1」と呼ばれる小型プロペラ機によるタイムレース「レッドブル・エアレース」で昨年、日本人初の年間総合優勝を果たした室屋義秀選手(44)=福島市在住=が18日、東京都内で記者会見を開いた。来月始まる2018年シーズンについて「昨年の経験は生きる。再びワールドチャンピオンを取る」と、総合2連覇への意気込みを語った。

 エアレースは、空気で満たされた高さ25メートルのパイロンが並ぶ空中コースを、最高時速370キロで飛びタイムを競うスポーツ。今年が11シーズン目となる。

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文620文字)

あわせて読みたい

ニュース特集