メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夜光雲

ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう

イプシロン3号機の打ち上げ後に観測された夜光雲=鹿児島県肝付町で2018年1月18日午前6時32分、野田武撮影

 18日早朝に九州や四国など西日本の広い範囲で、白や赤に光り輝く羽衣のような雲が観測された。通常は雲が観測されない高層で発生する特殊な「夜光雲」とみられ、鹿児島県内から打ち上げられた、イプシロンロケットのガスやちりなどで発生したとみられる。

 夜光雲は、高度85キロ付近の地球と宇宙の境界近くで起きる現…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです