メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ツイッター

対策進める 「自殺」検索→防止センター案内

自殺防止に向けた新たな対策を紹介するツイッター・ジャパンの公式アカウント=ツイッターより

 SNS大手の米国ツイッター社の日本法人ツイッター・ジャパンは18日、自殺をほのめかす言葉をツイッター内で検索すると、検索結果の最上位に自殺防止に取り組むNPO法人「東京自殺防止センター」などへの案内が表示されるように対策を順次進めると発表した。

     昨年の神奈川県座間市のアパートで9遺体が見つかった事件で、容疑者は「首吊(つ)り士」と名乗り、ツイッター上の自殺志願の投稿者を誘い出すなどしていた。発覚後も自殺をほのめかす投稿者が犯罪被害に遭うケースがあり、自殺や自傷に関する対応策の拡大が急務だった。

     発表によると、日米で信頼できる専門家を紹介する案内を表示する。どのような単語を入力すると案内が示されるかは、スパム(大量にメッセージを送りつける迷惑行為)などにつながる可能性があり、公表はしない。

     ツイッター・ジャパンは昨年11月に利用規約を改定し、自殺などを促す行為を禁止すると明記していた。検索エンジン大手グーグルなども同様の対策を講じているが、大手SNSでの対応は異例だ。【大村健一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    2. カフェイン中毒死 九州の20代男性、大量摂取で 「エナジードリンク」常飲
    3. 資産家急死 飼い犬死骸を捜索 覚醒剤成分有無を調査へ
    4. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女
    5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]