メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
別大マラソン

10分切りへ園田が気迫 出場選手発表

 2020年東京五輪の代表選考会につながるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)シリーズ男子第3弾、第67回別府大分毎日マラソン(毎日新聞社など主催、日本陸上競技連盟など後援)の出場選手が18日、発表された。男女計3900人がエントリー。レースは2月4日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタートする。【角田直哉】

 別大毎日でのMGC出場権獲得条件は2時間11分以内の日本選手1位か、2時間10分以内の日本人2~6…

この記事は有料記事です。

残り551文字(全文762文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです