メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
舞台をゆく

青き大志 育む揺りかご 適塾(大阪市中央区)=手塚治虫「陽だまりの樹」

 今年は手塚治虫(1928~89)の生誕90周年。後期の代表作「陽(ひ)だまりの樹(き)」は曽祖父の蘭方医、手塚良庵(後に良仙を襲名)を主人公に、幕末の激動期をたくましく生きる人びとを描いた物語だ。良庵が学んだ大阪の蘭学塾「適塾」は手塚の母校、大阪大のルーツでもある。福沢諭吉、大村益次郎ら多彩な人材を生んだ学びやをしのびに訪ねた。【反橋希美】

 お調子者で女性にだらしないが、患者と向き合う姿勢は真剣そのもの--。人間味あふれる医師として描かれ…

この記事は有料記事です。

残り1741文字(全文1963文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです