化女沼レジャーランド

廃虚の聖地 再建の夢引き継いで 売却先探しに奔走 大崎 /宮城

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
敷地内に残るメリーゴーラウンドや観覧車などの遊具=大崎市で
敷地内に残るメリーゴーラウンドや観覧車などの遊具=大崎市で

 「廃虚(はいきょ)の聖地」として知られる大崎市の遊園地「化女沼レジャーランド」(後藤孝幸社長)が売却先探しに奔走している。敷地内に朽ちた遊具が残り、その廃れた雰囲気が多くの人を引き付けてきた同ランド。売り出し始めた2016年6月以降、約10件の問い合わせがあったが、売却先は決まっていない。後藤さんは「観光地として再建させる夢を引き継いでくれる人に購入してもらいたい」と呼びかけている。【山内真弓】

 昨年12月中旬、記者は後藤さんと一緒に雪が残る同ランドを訪ねた。赤いさびが目立つ「化女沼レジャーランド」と書かれたアーチをくぐり、高さ約1メートルほどの雑草が生い茂る敷地内をしばらく車で進むと、赤い小さな看板が見える。朽ちて曲がっているため、「いらっしゃいませ」の文字の一部は読み取ることはできない。

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文1052文字)

あわせて読みたい

注目の特集