メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

勝利の方程式

大和のアスリートたち 柔道・中野寛太選手(天理高2年)/下 投げ技磨き世界へ /奈良

「世界一を目指したい」と語る中野寛太選手=奈良県天理市の天理高で、佐藤英里奈撮影

 昨年夏の全国高校総体100キロ超級で優勝した天理高2年の中野寛太選手(17)。右肩のけがから、リハビリを乗り越えてつかんだ全国制覇だった。全日本柔道連盟の強化選手(ジュニア)として、海外選手との交流練習で経験を積み、世界でも戦えるよう五輪元日本代表で天理大柔道部監督の穴井隆将さんから投げ技の指導を受け、さらに腕を磨いている。

 2016年夏の全国高校総体の団体戦で、右肩を脱臼するけがをし、大会後に手術。その後、約半年間のリハ…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文661文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  3. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. サウジ記者死亡 総領事館内で何が 皇太子批判の末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです