メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

田辺の小学校で「夢の教室」 スポーツ選手らが「先生」 協力する楽しさ体感 /和歌山

全員で手をつないで「だるまさんが転んだ」に挑戦する児童と佐藤久佳さん=和歌山県田辺市中辺路町栗栖川の市立中辺路小学校で、藤田宰司撮影

 スポーツ選手らが夢に向かって努力すること、仲間と協力することの大切さを伝える授業「夢の教室」が田辺市内の小学校で開かれている。子供たちの健全な発達に貢献しようと、日本サッカー協会が2007年度から始めた「こころのプロジェクト」の一環だ。

 サッカーや野球、陸上、プロレスなどさまざまな競技の現役アスリートや元選手、ミュージシャンやタレントなど1000人以上が「夢先生」として登録し、これまでに全国約4000校で約1万1800回の授業が行われている。

 田辺市では、13~16年度の4カ年で市内の全小学校を巡回して開催したところ、好評だったため、17~…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです