メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

県全域に警報 A・B型とも流行、注意呼びかけ /福岡

 県は19日、インフルエンザが大流行しているとして県内全域にインフルエンザ警報を発令した。8~14日に定点医療機関(198カ所)から報告された1医療機関当たりの患者数が42・26人となり、警報レベルの30人を上回ったため。県は今後も流行が続くとみて注意を呼びかけている。

 県によると、警報発令は昨季より1週間早い。ウイルスはA型、B型ともに流行して…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです