がん

ストレス多い男性、発症リスク2割増 国立研究センター調査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 ストレスが多い状態が続いている男性は、ストレスが少ないと感じている男性に比べて、がんの発症リスクが約20%高いとする研究結果を、国立がん研究センターが19日、まとめた。全体では約10%高くなった。ストレスとがんとの関係を長期間、大規模に調べた結果が出るのは世界的にも初めてという。

 調査は全国9府県の40~69歳の男女を対象に実施。1990~94年に「日常受けるストレスは多いと思うか」と質問し、「少ない」「普通」「多い」のいずれかで回答を得た。5年後に同じ質問をし、回答した約8万人を平均で18年追跡。ストレスの感じ方とがん発症との関係を…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

あわせて読みたい

ニュース特集