沖縄・宜野湾の米軍ヘリ窓落下

小学校上空、再飛行 米否定に政府困惑 名護市長選、影響懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
沖縄県宜野湾市立普天間第二小学校の屋上に設置されたカメラがとらえた米軍ヘリ=2018年1月18日、防衛省提供の映像から
沖縄県宜野湾市立普天間第二小学校の屋上に設置されたカメラがとらえた米軍ヘリ=2018年1月18日、防衛省提供の映像から

 米軍ヘリコプター3機が18日に飛行したのは、昨年12月にヘリの窓の落下事故があった沖縄県宜野湾市立普天間第二小学校の上空だったのかどうか、日米間で主張は対立したままだ。28日告示の同県名護市長選を意識し、米側に強い姿勢で臨んだ安倍政権は簡単には引き下がれず、政府内には戸惑いも広がる。一方、地元の反発は政府と米軍の両方に向かっている。

この記事は有料記事です。

残り1849文字(全文2017文字)

あわせて読みたい