メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
質問なるほドリ

日本のドーピング対策は? 防止法の策定急ぐ 刑事罰は見送り=回答・田原和宏

薬物混入について取材に応じる日本カヌー連盟の成田昌憲会長(右端)ら=東京都千代田区で11日、手塚耕一郎撮影

 なるほドリ カヌーの選手がライバルに禁止薬物を混入するという不祥事(ふしょうじ)が起きたね。2020年東京五輪・パラリンピックに向け、ドーピング対策はどうするの。

 記者 ドーピング防止法の策定が急がれます。昨年4月に超党派(ちょうとうは)のスポーツ議員連盟(ぎいんれんめい)で法案が了承されました。来年9月開幕のラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に間に合うように、22日に召集(しょうしゅう)される通常国会での成立を目指しています。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文823文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです