メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

「メルロン」か「マクケル」か 欧州のカギ握る独仏構図=浜矩子

 欧州情勢に異変ありだ。このように書けば、欧州情勢は既に異変だらけじゃないか、と思われる皆さんが多いかと思われる。

 確かに、このところの欧州情勢は大いに異変続きだ。イギリスが、いわゆる「ブレグジット」、すなわち欧州連合(EU)からの離脱に向かおうとしている。スペインでは、カタルーニャ州が独立の機運をいまだかつてなく本格化させている。欧州津々浦々で、怪しげなポピュリストたちが怪しげなうごめきを示している。こうしてみれば、異変こそ、いまや、欧州の日常だとさえいえる状況だ。

 だが、ここに来て、これら一連の異変とは、また一味違う問題が生起している。一連の異変と決して無関係ではない。だが、問題の次元が少々違う。

この記事は有料記事です。

残り1700文字(全文2004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです