メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

「メルロン」か「マクケル」か 欧州のカギ握る独仏構図=浜矩子

 欧州情勢に異変ありだ。このように書けば、欧州情勢は既に異変だらけじゃないか、と思われる皆さんが多いかと思われる。

 確かに、このところの欧州情勢は大いに異変続きだ。イギリスが、いわゆる「ブレグジット」、すなわち欧州連合(EU)からの離脱に向かおうとしている。スペインでは、カタルーニャ州が独立の機運をいまだかつてなく本格化させている。欧州津々浦々で、怪しげなポピュリストたちが怪しげなうごめきを示している。こうしてみれば、異変こそ、いまや、欧州の日常だとさえいえる状況だ。

 だが、ここに来て、これら一連の異変とは、また一味違う問題が生起している。一連の異変と決して無関係ではない。だが、問題の次元が少々違う。

この記事は有料記事です。

残り1700文字(全文2004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです