メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機の真相

「メルロン」か「マクケル」か 欧州のカギ握る独仏構図=浜矩子

 欧州情勢に異変ありだ。このように書けば、欧州情勢は既に異変だらけじゃないか、と思われる皆さんが多いかと思われる。

 確かに、このところの欧州情勢は大いに異変続きだ。イギリスが、いわゆる「ブレグジット」、すなわち欧州連合(EU)からの離脱に向かおうとしている。スペインでは、カタルーニャ州が独立の機運をいまだかつてなく本格化させている。欧州津々浦々で、怪しげなポピュリストたちが怪しげなうごめきを示している。こうしてみれば、異変こそ、いまや、欧州の日常だとさえいえる状況だ。

 だが、ここに来て、これら一連の異変とは、また一味違う問題が生起している。一連の異変と決して無関係で…

この記事は有料記事です。

残り1718文字(全文2004文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです