メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

エルサレム問題 中東の信頼回復遠く ペンス氏、多難の歴訪へ

ペンス副大統領の中東歴訪を巡る相関図

 【ワシントン高本耕太、エルサレム高橋宗男、カイロ篠田航一】米国のペンス副大統領は19~23日、エジプト、ヨルダン、イスラエルを歴訪する。頓挫しているパレスチナとイスラエルの和平交渉に米国が引き続き関与する姿勢を示すとみられるが、交渉当事者のパレスチナ側との会談は予定されていない。パレスチナ自治政府や、これを支援するアラブ諸国はトランプ米政権を「反パレスチナ」と見て強い不満を抱える。今回の歴訪で、米国の和平仲介者としての信頼が回復される可能性は低い。

 ペンス氏は20日にエジプトでシシ大統領と会談。21日にはヨルダンでアブドラ国王と会談する。テロとの戦いでの結束を確認し、パレスチナ側の意向を間接的に探るとみられる。22日からイスラエルでネタニヤフ首相らと協議するほか、国会で演説し、エルサレムにあるユダヤ教の聖地「嘆きの壁」も訪問する。

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1262文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです