メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深まる分断

トランプ政権1年/中 減税恩恵「大企業だけ」 忘れられた庶民

厳寒の中、ブルドーザー操作の職業訓練に取り組む人々=米中西部デトロイトで17日、清水憲司撮影

 今月14日、米中西部ミシガン州デトロイト中心街にある会議場は自動車業界関係者らの熱気で包まれていた。「10年前、デトロイト、自動車産業、我々の会社は生き残りをかけて闘っていた。そして今、奇跡の復活を果たした」。市近郊に本社を置く自動車大手フォード・モーター創業家のウィリアム・フォード会長が誇らしげに宣言した。トランプ大統領との親密さを公言するフォード氏。政権1年目の最大の成果となった大型法人減税を柱とする税制改革法を追い風に「自動車産業は好調だ」と強調した。

 デトロイトは2008年の金融危機後の大不況で自動車産業が崩壊し、一時は4人に1人が失業して「ラスト…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1267文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 新型肺炎 政府チャーター機、日本人帰国29日以降にずれこみ 中国と調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです