メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気になる!保育所

ヒント求めて25カ国

ベルギーの公園で遊ぶ子どもたち=久保田修平さん提供

 「望ましい保育とは何だろう」。東京都大田区の保育士、久保田修平さん(33)は、保育所で働くうちに「子どもの主体性がないがしろにされている」と感じるようになった。ヒントを海外に求めて、世界の保育所や教育施設を巡った。

 「子どもにとって、知ることは感じることの半分も大切ではない。日本の保育は子どもの『感じる心』をないがしろにしているのではないかと思いました」。昨年12月9日、千葉県流山市であった講演会。登壇した久保田さんは、2015年6月から17年2月までの「世界の保育を知る旅」を振り返った。

 大学卒業後に勤めた複数の保育所で、大人が子どもたちを統率していることに違和感を抱いた。みんなで同じ…

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文2000文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 「佐賀、北朝鮮のよう」自民・谷川議員が長崎新幹線めぐり発言
  3. 山頂に沈む満月 令和初の「パール槍ケ岳」
  4. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです