メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外J1昇格は松本と大分
ベルギーの公園で遊ぶ子どもたち=久保田修平さん提供

 「望ましい保育とは何だろう」。東京都大田区の保育士、久保田修平さん(33)は、保育所で働くうちに「子どもの主体性がないがしろにされている」と感じるようになった。ヒントを海外に求めて、世界の保育所や教育施設を巡った。

 「子どもにとって、知ることは感じることの半分も大切ではない。日本の保育は子どもの『感じる心』をないがしろにしているのではないかと思いました」。昨年12月9日、千葉県流山市であった講演会。登壇した久保田さんは、2015年6月から17年2月までの「世界の保育を知る旅」を振り返った。

 大学卒業後に勤めた複数の保育所で、大人が子どもたちを統率していることに違和感を抱いた。みんなで同じ…

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文2000文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです