メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気になる!保育所

ヒント求めて25カ国

ベルギーの公園で遊ぶ子どもたち=久保田修平さん提供

 「望ましい保育とは何だろう」。東京都大田区の保育士、久保田修平さん(33)は、保育所で働くうちに「子どもの主体性がないがしろにされている」と感じるようになった。ヒントを海外に求めて、世界の保育所や教育施設を巡った。

 「子どもにとって、知ることは感じることの半分も大切ではない。日本の保育は子どもの『感じる心』をないがしろにしているのではないかと思いました」。昨年12月9日、千葉県流山市であった講演会。登壇した久保田さんは、2015年6月から17年2月までの「世界の保育を知る旅」を振り返った。

 大学卒業後に勤めた複数の保育所で、大人が子どもたちを統率していることに違和感を抱いた。みんなで同じ遊びをし、運動会の練習もみんな一緒。「子どもの主体性を大切にしようと言いながら、大人の都合で管理しているのでは」。海外の事情を確かめて自身の保育に生かそうと、主任保育士を辞めて旅に出た。

この記事は有料記事です。

残り1609文字(全文2000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Snow Man『anan』グラビアで“色気の大渋滞” 2ndシングル発売日に表紙飾る

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

  4. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  5. 番付が泣く「黒歴史」 大関の優勝、20場所なし 下克上阻止できるか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです