メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

全日本選手権 張本、シニア8強

 卓球の全日本選手権は第5日の19日、東京体育館で男女シングルス5、6回戦を行い、ベスト8が出そろった。男子ではジュニアを制した14歳の中学2年、張本智和(エリートアカデミー)が史上最年少で準々決勝進出を果たしたほか、5年連続10回目の優勝を狙う水谷隼(木下グループ)も順当勝ち。吉村真晴(名古屋ダイハツ)と丹羽孝希(スヴェンソン)は5回戦で姿を消した。張本は宇田幸矢(エリートアカデミー)と組んだダブルスでもベスト4に進んだ。

 女子は連覇を目指す平野美宇(エリートアカデミー)が接戦を制したほか、平野と同じ17歳の伊藤美誠(ス…

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文930文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ヘンリー王子「他に選択肢なかった」 王室決定「大きな悲しみ」公務引退に無念にじませ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです