メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

生誕60周年、くまのパディントン展 福岡アジア美術館で3月10日~4月15日

[PR]

 英国生まれのキャラクター「パディントン」の生誕60周年を記念した「くまのパディントン展」を福岡アジア美術館で開催します。「パディントン」シリーズは作家、マイケル・ボンド氏(1926~2017)の児童文学作品で、さまざまな冒険と共に子ぐまのパディントンが街の人気者になっていく物語。国や世代を超えて親しまれています。本展では挿絵や絵本の原画や書籍をはじめパディントン誕生秘話の映像、作者の仕事道具などを展示してその魅力を紹介します。

 【会期】3月10日(土)~4月15日(日)。水曜休館(3月21日は開館、翌22日休館)

 【会場】福岡アジア美術館(福岡市博多区下川端町3の1 リバレインセンタービル7階)

 【入場料】一般1200円(1000円)、高大生1000円(800円)、小中生500円(300円)。かっこ内は前売り及び20人以上の団体料金。

 【主催】毎日新聞社、RKB毎日放送

 【協賛】ニューカラー写真印刷

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです