仏大統領

徴兵制復活へ 1カ月間、危機意識高める狙いか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【パリ賀有勇】フランスのマクロン大統領は19日、仏南部トゥーロンで軍兵士らを前に演説を行い、「国民が兵役に従事する仕組みを作りたい」と述べ、大統領選の公約に掲げた、若者に1カ月間の兵役を義務付ける徴兵制度を復活させる考えを示した。

 演説では詳細まで踏み込まなかったが、マクロン氏は昨年春の大統領選で、「軍と国民のつながりを強めるため、短い期間であっても軍での生活を体験してもらいたい」と述べ、兵役の義務化…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

あわせて読みたい

注目の特集