特集

ヘイトスピーチ

特定の民族や人種など人の尊厳を傷つけるヘイトスピーチは、どんな形であっても許されません。なくすためにはどうする?

特集一覧

EU

ヘイト投稿7割削除 運営企業、外部通報に迅速対応

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)の欧州委員会は19日、インターネットで差別や憎悪を扇動する違法な「ヘイトスピーチ」を巡り、ソーシャルメディアの運営企業が、外部から通報を受けた投稿の7割を削除していたとの調査結果をまとめた。ネット上のヘイト対策を巡り、法規制を導入する加盟国も出る中、欧州委は企業の自主努力に委ねる方針を示す。

 欧州委とフェイスブックやツイッターなどIT大手4社は2016年5月、ネット上のヘイトスピーチ拡散を防ぐための行動指針に合意した。利用者などから通報を受けた書き込みについて、内容を24時間以内に確認し、必要なら速やかに削除を求めている。

この記事は有料記事です。

残り481文字(全文766文字)

【ヘイトスピーチ】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集