特集

沖縄戦

「鉄の暴風」が吹き荒れた沖縄戦から76年。約3カ月に及んだ地上戦は住民を巻き込み、日米合わせて計約20万人が犠牲となった。

特集一覧

沖縄戦

傷いまだ 国際通りで不発弾処理

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 那覇市の中心部で20日、太平洋戦争末期の沖縄戦で使われた米軍の不発弾の処理があり、多くの観光客が訪れる観光スポットの「国際通り」の一部などで約1時間にわたって立ち入りが規制された。73年前に凄惨(せいさん)な地上戦が繰り広げられた沖縄では現在も不発弾が日常的に見つかっており、県によると、全てを処理するには約70年かかるとされる。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文902文字)

【沖縄戦】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集