メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

万博グランマ

大阪誘致でPR 山田さん、独自網で後押し

山田外美代さん=愛知県瀬戸市で2017年4月、兵藤公治撮影

 2005年の「愛・地球博」(愛知万博)開催中に毎日訪れ話題になった愛知県瀬戸市の主婦、山田外美代(とみよ)さん(68)が、25年万博の大阪誘致で草の根のPR活動に力を入れている。開催地決定に関わる博覧会国際事務局(BIE、本部・パリ)の幹部とは旧知の仲。「万博おばあちゃん」と呼ばれる山田さんは、昨年のカザフスタン・アスタナ万博でもPR大使に任命されるなど、独自のネットワークを駆使して世界に大阪をアピールする。

 「グランマ(おばあちゃん)に会えて今日は最高だ」。昨年12月7日、大阪を視察したBIEのディミトリ・ケルケンツェス次長は、道頓堀で再会した山田さんを抱きしめた。山田さんは、ケルケンツェス氏との思い出の写真を手渡して「日本のみんなが待っている。大阪の万博をよろしくお願いします」と笑顔で語りかけた。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 「見捨てられるのでは」都民フ議員、都議選を前に焦り 小池氏は自民と接近?

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです