メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

谷垣氏が昨年末に退院 

自民党の谷垣禎一前幹事長=2016年4月、猪飼健史撮影

 自転車事故で入院していた自民党の谷垣禎一前幹事長が昨年末に退院し、東京都内の自宅に戻った。同氏に近い議員によると「通常国会が始まれば、安倍晋三首相や二階俊博幹事長にあいさつに行きたい」と話しているという。

     谷垣氏は2016年7月、趣味のサイクリング中に転倒して頸髄(けいずい)を損傷。病院で歩行訓練などのリハビリに取り組んでいた。「後進に道を譲る」と昨年10月の衆院選には立候補せず、衆院議員を引退した。

     党内で谷垣氏を支持してきた議員グループ(中核20人)は、同氏を「特別顧問」などとして迎える見通しだ。【小山由宇】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 人生相談 不愉快な質問、かわせない=回答者・光浦靖子
    2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    3. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
    4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    5. 森友問題 昭恵氏付職員「賃料値下げ要望」 共産党が追及

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]