東京一極集中是正法案

23区内の大学の10年間定員凍結

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京一極集中を示す主なデータ
東京一極集中を示す主なデータ

政府、通常国会に提出、年度内成立を目指す

 政府は、「東京一極集中」を是正する法案の概要をまとめた。東京23区内の大学の定員増を10年間認めず、地方の大学や中核産業の振興計画を作成した自治体に助成する。22日召集の通常国会に提出し、年度内成立を目指す。

 梶山弘志地方創生担当相は19日、自民党の地方創生実行統合本部(河村建夫本部長)の会合で法案概要を示し、「東京の一極集中をしっかり是正していくことが地方創生にもつながる。政策総動員であたりたい」と述べた。安倍政権は2019年の統一地方選や参院選対策として、地方創生に注力する方針だ。

 概要は「少子化や若者の著しい減少により、活力が低下している」と地方の現状を指摘。東京圏(東京、千葉、神奈川、埼玉の1都3県)に地方から若者が流入していることを踏まえ、東京23区内の大学を対象に、10年間の時限措置として「学部などの学生の収容定員を増加させてはならない」と規定する。

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文1082文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集