メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米軍ヘリ再飛行

小学校上空か否か 米否定に政府困惑

沖縄県宜野湾市立普天間第二小学校の屋上に設置されたカメラがとらえた米軍ヘリ=2018年1月18日、防衛省提供の映像から

 米軍ヘリコプター3機が18日に飛行したのは、昨年12月にヘリの窓の落下事故があった沖縄県宜野湾市立普天間第二小学校の上空だったのかどうか、日米間で主張は対立したままだ。28日告示の同県名護市長選を意識し、米側に強い姿勢で臨んだ安倍政権は簡単には引き下がれず、政府内には戸惑いも広がる。一方、地元の反発は政府と米軍の両方に向かっている。

 小野寺五典防衛相は19日の記者会見で「公開した映像にあるように、上空を飛行したと確認している」と述べ、飛行を否定する米軍に問題があることを強調した。さらに、18日に監視カメラの映像公開に踏み切ったのは「常にしっかり見ているぞという米側へのメッセージ」と踏み込んだ。

この記事は有料記事です。

残り1729文字(全文2030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 漫画「鬼滅の刃」が完結

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』スピンオフ短編、ジャンプに掲載へ 炎柱・煉獄の新たな物語

  5. 青森の住宅で61歳女性死亡 頭に殴られたような傷 殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです