電気自動車

寒冷地仕様を共同開発 道内中小企業10社

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 寒冷地でも走行可能な電気自動車(EV)を開発しようと、道内の中小企業10社が、トヨタの1人乗りの超小型EVをベースにした「ネイクル タイプ2」を共同開発し、19日に札幌ドーム(札幌市豊平区)で開幕した「札幌モーターショー」に出展した。寒さで蓄電池の性能の低下が懸念されるEVの寒冷地仕様車は全国で初めてで、6月から一般販売を始める。

 中小企業基盤整備機構北海道本部などが2013年、札幌市の設計会社「ウィル・イー」や旭川市のモーター製造会社「コスモメカニクス」など10社に呼びかけて開発チームを結成。各社がそれぞれの技術を持ち寄って、寒冷地でも安全に走行できるEVの開発に乗り出した。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文688文字)

あわせて読みたい

ニュース特集