メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高裁

高橋克也被告の上告棄却、オウム裁判終結

高橋克也被告=2012年6月、手塚耕一郎撮影

 地下鉄サリン事件などオウム真理教による5事件に関与したとして殺人罪などに問われた元信者、高橋克也被告(59)に対し、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は18日付で、上告を棄却する決定を出した。被告を無期懲役とした1、2審判決が確定する。

 1995年7月に始まったオウム事件の裁判は22年6カ月で全て終結する。刑事訴訟法の規定から共犯者の刑が確定するまでは死刑を執行しないことが慣例とされているが、裁判終結により、松本智津夫(麻原彰晃)教祖(62)ら13人の死刑囚に対する刑執行が現実味を帯びる。

 事件後、特別手配された高橋被告は17年間にわたって逃亡し、2012年に逮捕された。地下鉄サリン事件のほか、神経剤VX襲撃(94年12月~95年1月に2件)▽仮谷清志さん監禁致死(同年2~3月)▽東京都庁爆発物(同年5月)--の5事件で起訴された。

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文1087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです