メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最高裁

高橋克也被告の上告棄却、オウム裁判終結

高橋克也被告=2012年6月、手塚耕一郎撮影

 地下鉄サリン事件などオウム真理教による5事件に関与したとして殺人罪などに問われた元信者、高橋克也被告(59)に対し、最高裁第2小法廷(菅野博之裁判長)は18日付で、上告を棄却する決定を出した。被告を無期懲役とした1、2審判決が確定する。

 1995年7月に始まったオウム事件の裁判は22年6カ月で全て終結する。刑事訴訟法の規定から共犯者の刑が確定するまでは死刑を執行しないことが慣例とされているが、裁判終結により、松本智津夫(麻原彰晃)教祖(62)ら13人の死刑囚に対する刑執行が現実味を帯びる。

 事件後、特別手配された高橋被告は17年間にわたって逃亡し、2012年に逮捕された。地下鉄サリン事件…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1087文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  3. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  4. 札幌大谷が甲子園初勝利 米子東を1点に抑える
  5. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです