沖縄・石西礁湖

白化したサンゴの割合49.9%に

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
石西礁湖で白化したサンゴ=沖縄県内で2017年9月、環境省提供
石西礁湖で白化したサンゴ=沖縄県内で2017年9月、環境省提供

 沖縄県の石垣島と西表島の間にある国内最大のサンゴ礁「石西礁湖(せきせいしょうこ)」で大規模なサンゴの白化現象が起きた問題で、環境省は19日、昨年末時点で白化したサンゴの割合(白化率)が49.9%に上ったと発表した。2016年末調査の91.4%から改善したものの、同省は「高い水温、高い白化率が続いており、楽観できない」としている。

 白化は、高い海水温の影響でサンゴの体内にすむ植物プランクトンの褐虫藻が失われ、サンゴの白い骨格が透けて見える現象。石西礁湖では16年夏に大規模な白化が見つかったため、同省は年数回の目視調査を続けている。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文536文字)

あわせて読みたい

注目の特集