メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

官房機密費訴訟

「30年後に公開制度の検討はどうか」

 最高裁が19日に官房機密費の一部開示を命じた訴訟。1審に出廷した内閣総務官(当時)は「政策課題を解決するため、情報収集や協力を依頼する経費だ。支出先が明らかになれば国益に支障が生じる」と証言した。

 最高裁判決は政府の主張の根幹を容認。一方で毎月約1億円の官房機密費のうち、官房長官が使う部分の金額などを明らかにするように命じ、全面非開示を求めた政府側の姿勢に、わずかに歯止めをかけた形だ。

 情報公開制度に詳しい清水勉弁護士は「判決は政府の協力依頼を受けた人は、関与が公にならないことが前提…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文674文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 語り継ぐ オウム事件と私/8止 社会が増長させた 元サンデー毎日編集長 牧太郎・毎日新聞客員編集委員(73)
  3. 風知草 身もフタもない=山田孝男
  4. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  5. 松竹芸能 「道頓堀角座」閉館 移転先は決まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]