メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム裁判終結

松本教祖ら死刑囚13人 死刑執行焦点に

 社会を震撼(しんかん)させたオウム真理教による一連の事件の刑事裁判は、高橋克也被告(59)の上告棄却により開始から22年で終幕を迎えることになった。起訴された教団関係者192人は法廷で応酬を繰り広げ、この間、裁判員制度施行をはじめ刑事司法を巡る環境も大きく変わった。今後、松本智津夫教祖(62)をはじめとする死刑囚13人の執行に焦点が移り、元弁護人らは法務当局の動向を注視している。【伊藤直孝、鈴木一生、巽賢司】

 「こんなに長くかかる裁判とは……。オウム真理教の恐ろしさを改めて感じます」。全裁判が終結することへの感想を問われた地下鉄サリン事件被害者遺族の高橋シズヱさん(70)は19日夜、東京・霞が関の司法記者クラブでかみしめるように語った。

 1996年4月24日午前10時過ぎ。シズヱさんは東京地裁104号法廷にいた。「麻原彰晃といいます。オウム真理教の主宰者です」。松本死刑囚は裁判長を見すえた。この日、地裁は他の刑事裁判を開かず、松本死刑囚の公判を集中的に警備。日比谷公園を埋め尽くした傍聴希望者数1万2292人は、21年たった今も地裁で最も多い記録だ。

この記事は有料記事です。

残り1554文字(全文2036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです