メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

稀勢の里休場

「心技体」見つめ直せ

稀勢の里=渡部直樹撮影

 前日に「最後までやり抜く」と話した稀勢の里が一転休場。場所前に横綱審議委員会(横審)から「15日間出られないなら休んだ方がいい」と、かけられた温情もフイにした。

 相撲内容が悪い。まともに取れたのは2日目の北勝富士戦だけ。腰高で左を差せず、防戦一方になる。前日の嘉風戦では、最後の一突きで腰から落ち、両足を空に上げて土俵下に落ちるぶざまさ。相撲勘が戻っていない。

 唯一の日本出身横綱で、不祥事続きの中、迎えた初場所だけに土俵を務めたい気持ちは強い。場所前に同じ田…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文511文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです